FC2ブログ

左官屋のヒトリゴト

 
22
 
日本経済新聞2015.4.22 データで読む商品に

食費、肉類は10年で15%増とある
食糧消費の「肉食シフト」進んでいる
女性や高齢者の肉食化も目立っている

一人あたりの年間の肉消費は1970年から90年代にかけて
6割増の28㎏も増えている

厚労省の調査では60代の男女の肉食摂取がここ10年間で35%増
70歳以上も40%増と増えているそうだ
博報堂の調べでは60歳代の男女の8割は肉料理を愛好しているという

抗がん剤を超えたガン治療「丹羽療法」著名な丹羽靭負氏は

肉、乳製品は癌の栄養になると警告をしている
特に女性の肉食は乳がんの遠因になるという
癌になったら、肉、乳製品は止めなさいと教えている

日本人は先祖代々、米、魚介類、卵、野菜中心の日本食がいいと言う

食養学では
自分の力で獲得できるものしか食べてはいけないと教える
草原を、槍を持ってイノシシを倒せる体力がある
若い人は食べてもいいだろうが、倒せない人
倒せなくなったら肉食は控えるべきであろう

身近な人が大腸がんと、すい臓がんになった

共通しているのは、肉大好きと、大の甘党である

日本人の癌にかかる人は、二人に一人と言われている
肉食の増加も日本の癌の発生に貢献しているのかも

スポンサーサイト



 
07
 
指定難病
難病医療法に基づき医療費助成の対象となる「指定難病」に厚生労働省の委員会は4日
「筋ジストロフィー」等41疾患を新たに指定難病とすることを了承した
「指定難病」は合計で200疾患となる

委員会では小児慢性特定疾患等610疾患が検討対象として示されていた

難病の定義は
1)原因不明、治療方法未確立であり、かつ、後遺症を残すおそれが少なくない疾病です。
(2)経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず介護等に著しく人手を要するため
に家庭の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病です。

国の認める難病と称される「特定疾患」は130種類もある

しかし、西洋医学では治らないと言われる難病も治るケースが多く民間で紹介されている

癌が治るという本に書いてある癌の原因は生活習慣の乱れであり

三つの原因があるという
① ライフスタイルの乱れ
② 食事の乱れ
③ 心の持ち方の乱れ
を教えている

食養では食べたものが身体をつくるとも言われる

これほど難病が増えた原因は沢山あると思うが
食の乱れも大きく影響しているものと思われる

日本人が食べるコメの消費量は
統計が無い戦前は一日4合と言われていたので
約220kgと思われる

昭和37年118kg
平成16年62kg
戦前はともかく、現代のコメの食べる量は半減したのだ

米を食べなくなって何を食べているかが問題と思っている

現代人は薬、サプリメントには関心があるが
口に入れるものが身体をつくり、健康をつくることにあまり関心が無いように見受けられる
 
04
 
超高齢・少子化社会の到来を受けて、国は「スマートウエルネス住宅」の普及に力を入れている
スマートウエルネス住宅とは
高齢者や幼い子供が安心して健康に暮らせる住宅のこと
対策として
バリアフリー化やシックハウス防止などがあげられる
住宅業界では
さらに住宅の高気密・高断熱化を推薦する

高齢者の場合、部屋ごとの温度差が大きいとヒートショックの
不安があるからという

子育て世帯にとっては子供の健康は大きな関心ごとと思う
子育て世帯の住宅にはシックハウス防止の対策が最重要と思うのだが
関心が低い
子育て世帯に関心があるのは、高気密・高断熱、バリアフリーである

最近アレルギーを発症する子供が増えているという
最近のアレルギーには住まいの環境が影響しているものも少なくない

人間を守るはずの住まいが人間に、特に幼い子供にダメージを与えてしまっている場合もあるのだ

ミキハウス子育て総研が2009年に行った子供のアレルギー実態の調査結果によると
子供の半数以上51.5%に何らかのアレルギー症状があったという
アトピー・皮膚炎が40.3%
喘息・喘鳴22.6%
ダニ・ハウスダスト16.1%等
室内の空気環境が影響する症状も少なくない

又半数以上53.3%の子供が1歳以下で発症している

子供の為に親が実践しているアレルギー対策は
「まめに掃除をする」「空気清浄機を使う」「カーペットを敷かない」などが多く
室内環境を綺麗に保とうとする意識が強いが
一方「住宅建材・家具」の関心は低い

住まいそのものを健康ハウスに改善しようとする意識はあまり高くない

高気密・高断熱、ビニールクロスの家には1平方メートル当たり350匹の
家ダニがいるとダニ研究所が発表している

ダニ・カビは湿度60%以下では生きられないのだ

漢方では高い湿気を水毒と言い、皮膚病、呼吸疾患の原因となると教える

ダニ・カビ・ハウスダストの家から子供を守るには
快適湿度(40~60%)を保持する、ダニ、カビの住めない家を作れる
調湿機能の高い塗り壁「エコ・クイーン」をお勧めしたい

樹脂無添加。漆喰珪藻土壁「エコ・クイーン」なら
アレルギーから子供を守れる「スマートウエルネス住宅」にしてくれるだろう

 
30
 
採暖生活から暖房生活へ
近畿大学建築学部長 岩前篤氏は
生活の不健康性について住まいの在り方を語る

住宅内の低温は人体の健康性に悪影響を与えている
メディアは風呂のヒートショックばかり取り上げるが、危険なのは風呂ばかりではない。
寝室、廊下、階段、トイレ、日常生活でリスクの高い場所は他にいくらでもある

その観点では従来標準的とされてきた、生活に合わせて温度調整をする「採暖生活」
そのものを止め、出来るだけ早く
欧米式の「暖房生活」に移行する必要がある

暖房とは本来、部屋を暖めることであって、ヒトを暖めることではない
秋の終わりに運転を開始したら翌年の春まで切らない、つけっ放しにすることが正しい「暖房」である

我々の生活に合わせて入りきりする、炬燵に入るのは暖を採る行為であり
室温を高く保つ行為ではない

健康を保つためには、特に高齢者の健康維持のためには、適切に室温を保つ必要がある
断熱性能が高い程、健康性が高くなるという調査結果はすでに公知である
高齢社会に健康改善化のためには「暖房生活」必須であるという

地場ビルダーの広告文である
心地よい暖かさを生む家
子供がぽかぽか気持ちの良い家
ヒートショックの心配が無く自律神経に負担を掛けない家
冬でも素足(はだし)で過ごせる家
高断熱・高気密・全館空調システムの家である
高齢者にはいい家かもしれないが
子育て世代の家族が住む家にはどうかと思うが
若い夫婦が選ぶのは
ぽかぽかハウスであるようだ
子供がほやほやした子供にならないか心配である

岩前氏は炬燵があまり好きではないようだが
夫婦で炬燵
家族で炬燵もいいものだ
 
28
 

西洋医学の父・ヒポクラテスが「自然から離れると病気に近づく」という言葉を残している
自然の中で、体が感じるのは
「心地いい」、「気分がいい」、「幸せをかんじる」という気持である
そこには「喜び」がある」

人生の目的はいろいろあるが
ただ一つといえば「幸福を体感する」こと
人は「喜びを感じたい」、「幸せを感じたい」、「愛を感じたい」と思うから
辛いことも乗り越えられるのだ

身体に心に喜びがあるとき
東洋医学でいう「気」生命エネルギーが高まる
西洋医学では免疫系が活性化する
私たちの感情が神経系やホルモン系、内分泌系を介して免疫を高めたり低めたりしている

喜びや安らぎの感情は免疫力を高めるのだ

自分の身体に心に
「気持ちがいい」「喜び」、「快感」、「充足感」をもたらすもので満たして生活したいものだ

その一つにいい住まいがある
樹脂無添加の漆喰珪藻土壁「エコ・クイーン」の家に住む人は
大人も子供も異口同音に、皆「気持ちがいい」という

エコ・クイーンの家の人の身体は免疫力が高まっているものと思われる

また自分の周りの人々に気持ちいい態度、行動で接し
免疫力を高めあって幸せの輪を広げようと思う

プロフィール

根子清

  • Author:根子清
  • 茨城県水戸市で左官業を営んでいます。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード