FC2ブログ

左官屋のヒトリゴト

 
20
 
以前秋田の職人から貰って食べたとろろ昆布の味が忘れられず
メーカーの名前は記憶にあったが、連絡先を、ネットで探した。


あった、あった。



究極のとろろ昆布の紹介である。



おいしいものは黙ってはいられないものと思われる。
小松富之助商店で早速取り寄せた。


久しぶりに一口食べてあまりの美味
身体中が震えるぐらいの感動を覚えた。


昆布と職人の技である!


一番のお勧めの食べ方は、
味噌汁にとろろ昆布を入れる事である。

遠い昔、平安時代当時は、
結婚は男性の通い婚。

光源氏もせっせと美女の元に通っている。

当時の美女が一番喜んだ贈り物が昆布

あの長い黒髪が男性を惹きつける武器であり、
維持する為には
大量の昆布が必要だったと言われる。

とにかく美女に相手をしてもらうためには男も必死である。

光源氏も昆布を沢山持って通ったに違いない。

最近、気のせいか髪がふさふさとして、少し黒さが増した感じがする。
スポンサーサイト



プロフィール

根子清

  • Author:根子清
  • 茨城県水戸市で左官業を営んでいます。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード