FC2ブログ

左官屋のヒトリゴト

 
26
 


人が生きる為には、食べ物と水、そして空気が必要です。

食べ物は無添加、無農薬・有機栽培が求められ、水は天然水を買う時代になりました。


しかし、残念ながら空気には関心が全く払われて来ませんでした。

住めば病気になる家「シックハウス問題は有害化学物質による室内空気汚染の問題です。

現代の室内は高気密化が進み、室内空気は建材や家具、電気器具等から発生する有害化学物質で汚染されていいます。

特に国土交通省で使用禁止になった化学物質「クロルピリホス」(有機リン)のガスはサリンと類似の毒ガスであると学者が警告を発してきました。


古来、日本の家は木や土や草、紙から出来ていました。

これは日本の夏特有の高温多湿の気候の中で健康かつ快適に暮らす為の先人の知恵から生まれたのです。

家づくりの素材はすべて調湿機能にすぐれた自然素材、室内を快適湿度に保ち、気持ちのよい健康的な癒しの居住空間を作ってきたのです。

人が快適だと感じる快適湿度は4070%で、この湿度帯の空気がマイナスイオンの多い抗酸化空気です。


湿度が70%を越えると室内空気はプラスイオンが多くなり、体内で様々な病気の原因となる活性酸素をつくります。

良い家とは住まう人の生命、健康を守り、健康に害を及ぼす有害化学物質を放出しない居住空間であると思います。


そのためには室内を快適湿度に保ち、マイナスイオンの多い抗酸化空気で満たす事が必要です。

「土壁」珪藻(けいそう)土壁「エコ・クイーン」は高い調湿機能で快適湿度を保ちマイナスイオンの多い抗酸化空気を作ります。


「エコ・クイーン」が作る抗酸化空気は老化や成人病、疲れの原因となる活性酸素を抑制します。又、住まう人の疲れを癒し、健康を育み、生き生きライフを提供します。


ビニールの壁紙は安価ですが湿気を吸収することは出来ず、発生する化学物質で室内空気を汚染する原因となります。


空気は買う必要はありません。日本の住文化、「土壁」を住まいに取り戻すことで室内空気をマイナスイオンの多い抗酸化空気に変えることが出来るのです。


この度、「土壁」 珪藻土壁「エコ・クイーン」のつくる抗酸化空気を体感できる体感ハウスを水戸市にオープンしました。

自身と家族の健康の為に「エコ・クイーン」のつくる癒しの抗酸化空気を、体感して見て下さい。



スポンサーサイト



プロフィール

根子清

  • Author:根子清
  • 茨城県水戸市で左官業を営んでいます。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード