FC2ブログ

左官屋のヒトリゴト

 
28
 
日経11.10.26 春秋

関東軍の参謀だった石原莞爾が後の東京裁判で証人として言い放った言葉がある
日本の戦争責任は日清・日露までさかのぼる・・・・・と迫る検事に
石原は「それならぺりーを呼べ」。
幕末の開国こそすべての始まりだというわけだ
平和でやっていた島国に黒船で押しかけ、侵略主義に走らせたのは米国じゃないか
昭和陸軍の鬼才らしい反撃だが、外からの圧力を陰謀のごとく受け止め
被害者意識にとらわれるのは幕末以来の日本人の習い性かもしれない。

環太平洋経済連携協定(TPP)への警戒論にもそんな心情が見え隠れしている。
TPPに入ったら日本の農業は壊滅し、地域社会も崩壊すると農協などは激高するばかり
尊皇攘夷ならぬ尊農攘夷の様相だ・・・・・・・・・

幕末の開国もすったもんだの末に通商が始まった
しかし関税自主権を奪われ、小村寿太郎が条約改正にこぎ着けたのは明治の末
やっと本当の攘夷を果たしたと小村は語ったという
かくも苦心の関税自主権を手放すのか、と息巻くTPP反対論者もいる
ペリーのもたらした呪縛のなんという強さか。とある

東京裁判はマッカーサー裁判とも呼ばれ、国際法に違反した欧米諸国の報復裁判であった。
本人のマッカーサーがアメリカ議会であの裁判は間違いだったと証言している
世界中の法曹関係者も違法裁判と言っている裁判である

筆者は日本人の被害者意識が強い、呪縛があるという
平和で暮らしていた 南米、アフリカ、東南アジアの国々を武力で一方的に侵略
植民地にしたのは白人国家であったのはいうまでもない
植民地時代の世界地図を見れば一目瞭然である

その先兵をつとめたのは宣教師であった。
日本に来た彼らが日本人の素晴らしさを本国の報告した文書が数多くある
その中に日本人の勇猛さ、武力の強さを伝えたものもある。

ペリーは黒船の大砲で脅かしたが上陸しなかったのはその辺の情報があったと思うのである。

日本人が強くなければ東南アジアの諸国のように日本も白人国家に蹂躙され
植民地にされた事でしょう

弁護人の証言は一切却下、検事の証言のみ採用という違法裁判であるから
検事の証言はやむを得ないが、石原の証言を陰謀のごとく言うのはいかがと思う
被害者意識、呪縛でもない。弱ければやられてしまう。当時も今も国際社会は弱肉強食の世界である

日本の歴史を教えず、日本の偉人、特に軍人については殆ど教えてこなかった学校
戦う事は悪いと教えてきた戦後教育の結果であろう。
スポンサーサイト



プロフィール

根子清

  • Author:根子清
  • 茨城県水戸市で左官業を営んでいます。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード