FC2ブログ

左官屋のヒトリゴト

 
02
 
美しい日本語を使おう
 
最近、若者の言葉遣いの乱れが目立ってきているように思う
正しい敬語の使い方が出来ない、若者も多く見受けられるし
女性が男性のような言葉を使っても平気な風潮もある

日本には「言霊」といい、言葉には不思議な力が潜んでいると教えられてきました。

日本古来の教えに、躾3原則という教えがあります。
この三つを3歳までに教えれば、子供の躾は大丈夫とまで言われているものです

一つ目は「挨拶」です」。朝起きたら、お父さん、お母さんにきちんと元気良く「おはようございます」と
挨拶できるようにする。

二つ目は、「ハイ」という返事です。お父さん、お母さんに呼ばれたら「ハイ」と元気良く返事をする。

三つ目は「後始末」です、脱いだ履き物を揃える、席を立ったら椅子を中に入れる。

美しい日本語の代表は

ありがとう
はいと言う返事
すみません
といわれる

家庭の中で美しい日本語をお父さん、お母さんが使うことにより、
子供達の未来に物では無く、心に素晴らしい贈り物が出来るものと信じております。

スポンサーサイト



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nekosa.blog16.fc2.com/tb.php/281-613e6f1d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

根子清

  • Author:根子清
  • 茨城県水戸市で左官業を営んでいます。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード