左官屋のヒトリゴト

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
27
 
東日本大震災で被災した、和田祐之介邸の庭に移築されている
築140年以上になる茶室「延年堂」の復旧工事を施工した
「延年堂」は徳川斉昭公の命名という

延年は不老長寿の象徴といわれる菊の異称であり、長寿を願う意味がある
菊の別名に「齢草・よわいぐさ」《齢を延べる草の意》があり
同じく長寿の意味があるのからきているのかも

偕楽園の好文亭の、「好文」は梅の花の異称である

ちなみに羊羹の「虎屋」の生菓子に「延年」があり、菊の花の生菓子である

「延年堂」は一期一会の茶会に集う人々の長寿を願い名付けられたものと
思われる

土壁が崩れて分かったのは、こまいを編んだ紐が現代工法のビニールであった事だ
移築の時に京都の左官が施工したというが、茶室の土壁は特に薄いので地震に
耐えられなかったのであろう

今回はこまいの強度を補強し、棕櫚縄で縛って仕上げたので
今度の地震以上には耐えられる壁になったと思う

茨城県はこまい、土壁の左官仕上げは殆ど無いので、非常に勉強になった現場であった

今後100年、200年と年月を重ねて、名前通りの長寿の茶室になることを
祈りたい

竹こまい

荒壁

裏返し

チリ漆喰


貫伏せ

土壁仕上げ

赤大津磨き仕上げ
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nekosa.blog16.fc2.com/tb.php/344-70be5e05

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

根子清

  • Author:根子清
  • 茨城県水戸市で左官業を営んでいます。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。