左官屋のヒトリゴト

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04
 
超高齢・少子化社会の到来を受けて、国は「スマートウエルネス住宅」の普及に力を入れている
スマートウエルネス住宅とは
高齢者や幼い子供が安心して健康に暮らせる住宅のこと
対策として
バリアフリー化やシックハウス防止などがあげられる
住宅業界では
さらに住宅の高気密・高断熱化を推薦する

高齢者の場合、部屋ごとの温度差が大きいとヒートショックの
不安があるからという

子育て世帯にとっては子供の健康は大きな関心ごとと思う
子育て世帯の住宅にはシックハウス防止の対策が最重要と思うのだが
関心が低い
子育て世帯に関心があるのは、高気密・高断熱、バリアフリーである

最近アレルギーを発症する子供が増えているという
最近のアレルギーには住まいの環境が影響しているものも少なくない

人間を守るはずの住まいが人間に、特に幼い子供にダメージを与えてしまっている場合もあるのだ

ミキハウス子育て総研が2009年に行った子供のアレルギー実態の調査結果によると
子供の半数以上51.5%に何らかのアレルギー症状があったという
アトピー・皮膚炎が40.3%
喘息・喘鳴22.6%
ダニ・ハウスダスト16.1%等
室内の空気環境が影響する症状も少なくない

又半数以上53.3%の子供が1歳以下で発症している

子供の為に親が実践しているアレルギー対策は
「まめに掃除をする」「空気清浄機を使う」「カーペットを敷かない」などが多く
室内環境を綺麗に保とうとする意識が強いが
一方「住宅建材・家具」の関心は低い

住まいそのものを健康ハウスに改善しようとする意識はあまり高くない

高気密・高断熱、ビニールクロスの家には1平方メートル当たり350匹の
家ダニがいるとダニ研究所が発表している

ダニ・カビは湿度60%以下では生きられないのだ

漢方では高い湿気を水毒と言い、皮膚病、呼吸疾患の原因となると教える

ダニ・カビ・ハウスダストの家から子供を守るには
快適湿度(40~60%)を保持する、ダニ、カビの住めない家を作れる
調湿機能の高い塗り壁「エコ・クイーン」をお勧めしたい

樹脂無添加。漆喰珪藻土壁「エコ・クイーン」なら
アレルギーから子供を守れる「スマートウエルネス住宅」にしてくれるだろう

スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nekosa.blog16.fc2.com/tb.php/393-37232173

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

根子清

  • Author:根子清
  • 茨城県水戸市で左官業を営んでいます。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。