FC2ブログ

左官屋のヒトリゴト

 
05
 
「漆喰を塗りたい」と言う人が多くなってきた。
設計にも、ぽつぽつ入ってきている。
殆どがプラスターボードに漆喰系の塗り壁の薄塗りである。
漆喰壁は平安時代に誕生した塗り壁でその目的は
小舞土壁の表面の保護材、化粧壁として誕生したものである。
日本の気候の高い湿気から住む人を守ってきたのは小舞の土壁である。
漆喰の薄塗りでは単なる白い塗料みたいなもので、
日本の気候特有の高い湿気から住む人は守れないと思う。
設計士はこのことを知っているのだろうか疑問である。
エコ・クイーンは漆喰の中の珪藻土が土壁の役割を果たし
高い湿気から、快適湿度40%~60%以下に保持し住む人を
守れる壁である。
スポンサーサイト



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nekosa.blog16.fc2.com/tb.php/55-62e17e6b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

根子清

  • Author:根子清
  • 茨城県水戸市で左官業を営んでいます。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード