FC2ブログ

左官屋のヒトリゴト

 
10
 
木の温もり、木の香りの家とかというキャッチフレーズで
木の板を壁に使用した家がある。
アトピーキラーという家は、天井から床から壁まで板張りである。
学校も、幼稚園も、保育所も板壁の建物が増えてきた。
日本の家の壁の歴史をハウスメーカー、設計家は知っているのだろうか。
登呂遺跡の壁は草束ねの壁で草を束ねたもの。
高床式の一番初期の段階が板を編んだ網代の壁
次にくるのが板の壁である。
日本の家に荒壁(土壁)採用されたのは平安時代になる。
もし板の壁が日本の気候風土に合っていたのであれば
荒壁(土壁)は生まれなかったと思うのである。
木の板の壁では日本の気候風土の高い湿気から住む人を守ることが出来ない
事を先祖は知っていたのであろう。
日本の家から土壁が大きく消えたのは僅か30年前である。
1400年の歴史を持つ土壁の住文化をを30年前に失ってしまったのが
現代人である。
スポンサーサイト



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nekosa.blog16.fc2.com/tb.php/84-f5ea0399

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

根子清

  • Author:根子清
  • 茨城県水戸市で左官業を営んでいます。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード