FC2ブログ

左官屋のヒトリゴト

 
31
 
カビない畳
畳のリフォーム屋の看板にカビ無い畳が書いてある
看板にあるのだろうから嘘ではないだろうし、目玉商品でもあろう

畳がカビるのは、気持ちが悪いし、健康にも悪い
困っている人には関心が高いだろう

カビの発生は湿度に関係があり
カビの胞子は湿度60%以下では生きていけない
カビが生える室内は湿度が60%以上あるということであり
健康にもよくない環境である

カビが発生すると一般にはカビを薬剤で殺そうとする
薬剤の多くは体に悪いのだが結構売れているようである

日本の風土は湿気の多い気候である
日本人は高い湿気を室内に入れない家を作って住んできた
木、土、紙、草の家であり、開放型の構造であった
家の力、自然の力で室内を快適湿度40~60%に保ち、マイナスイオン一杯の
空気でカビの発生を押さえていた

カビが発生するということは家のつくりに問題があると思う

又カビが生えるのは自然なことである
食べ物が腐るのも自然である

カビ無いもの、腐らないものは一見便利ではあるが
自然ではないことを現代人は忘れてしまったのかも

自然素材、樹脂無添加・漆喰珪藻土壁を塗った家は
かびの出ない家といわれている




 
22
 
「有胞子乳酸菌」
生きたまま腸に届く、スゴイ乳酸菌
M製菓の有胞子乳酸菌で毎日スッキリ!
「毎日スッキリしたい」そんな女性のために開発されたのが
「すっきり乳酸菌ファイバー」
頑丈な殻で守られている
「有胞子乳酸菌」だから、熱や酸に強く、腸に生きたまま届くのですと
広告にあった

女子大の教授が書いていたが学生の中には一週間以上も出ない豪の人も
いるという

保育士の娘から保育児童にも出ない子もいると聞いた

老生などは出すぎて困ったことはあるが自慢ではないが
出なくて困ったことはない
最近はめったにお目にかかれないが、昔の食卓にはお婆さん自慢の
漬物が並んだものだ
古くなって酸っぱいものもあった

糠漬け、沢庵など家ごとに自慢の漬物の味があった

漬物に自然に発生する植物乳酸菌は、生きたまま腸に届くことで知られている
長い腸を持つ日本人は酸っぱい漬物で腸の働きを活性化して
健康を保ってきたと思う
腸の働きが活発な人は肌が綺麗である

娘さんたちにはお化粧もいいが日本の漬物文化を是非学んで欲しいものだ

お金も掛からず、健康と美を手に入れられること請け合いである
 
28
 
読売新聞 人生相談
50歳の男の相談である
ただ、ただ毎日が面倒くさい
口から出る言葉は、嫌だ、面倒くさい、疲れる
それでも腹は減る
食べるのはパンと、バナナ、時々、納豆、豆腐
痛いことは嫌だ
苦しいことはこりごりだ
自分で死ぬのは苦しいだろう
それに、そうする力も無く、ただ、それすらも面倒くさい・・・・
今はただ、ただ、毎日をやり過ごして、ただ食って眠るだけ・・・
死ぬ事もできず、ただ、ただ、毎日をやり過ごすだけ

50歳にもなって生かされている事に対する感謝のかの字も無いのは
情けない話だが
生かされている以上は与えられて使命があるのに気付いて欲しいものだ

気になったのは、食べ物である
ご飯を食べない生活なようである

日本人なら、自分でご飯を炊き、味噌汁の日本食を食べて欲しいものだ

必ず生きる力が湧いてくる事だろう

ご飯には凄い力があることを知らない人が多すぎる

精神科医の回答には食事の話は無かった

チューリップの芽
 
31
 
脳と血流
85歳以上の4人に1人は認知症
脳細胞は好き嫌いが激しい臓器で通常はブドウ糖だけをエネルギー源としています
脳にはブドウ糖の備蓄がないので絶えず糖を補給し続ける血液の流れが重要です
ブドウ糖を燃焼するには酸素が必要です

脳の重量は1.2~1.5kg、体重の2%だが、心臓から拍出される血液の15%が脳に流れ込んでいる
動脈硬化で血流が細くなると、酸素、ブドウ糖の供給が不十分と成り脳細胞の機能が低下します

高血圧や糖尿病などの生活習慣病では2倍くらい
喫煙習慣は5倍くらいアルツハイマー病をおこしやすい

簡単な計算するなどの課題を課すと、担当の脳細胞の機能が高まり、活発にブドウ糖を分解します
そのとき発生した二酸化炭素は血管を広げる働きがあるため
血流が増加、酸素とブドウ糖をどんどん運び、脳細胞はさらに活発に活動できるようになります

閉じこもりがちな生活は脳機能の低下につながります
体は使わないとなまりますが、脳も同じ
仕事や趣味、ウォーキング、日記、人との交流などで脳の活性化を図ることが大切です

私の母は97歳、ボケるどころか元気一杯で、姉夫婦、孫夫婦、曾孫二人と毎日バトルをやっている
元気過ぎて困ったと姉にこぼされる

母の趣味は草むしりと、読書、日記、語句を覚えてメモを取る
テレビに出る俳優の名前をメモして記憶すること

私は俳優の名前は殆ど知らないが母は殆ど知っているのだ

私の方が早くボケるのかも

大分前に買ったおいた、小学低学年の計算ドリルと、漢字テスト
埃を払ってやってみよう


 
25
 
趣味で沢庵を漬けて20年になる
無くなった祖母は漬物名人で、特に沢庵は美味しかった
その味が忘れられなくて挑戦した

家庭菜園でつくった無農薬の沢庵大根と唐辛子、無農薬の米ぬか
日高の昆布と天然塩で漬け込むのが12月
早く食べるのは塩分5%、夏を越すのは15%
大根20kgを樽に漬けて、水を浮かす為に1個20kg、6個、120kgの重石を載せる

これが結構な肉体労働である
漬け上がるのが1月末、約2ヶ月後である

沢庵は夏を越すと、着色しなくても、見事な濃い黄色になる
これがまた絶品の深い味わいになる
それを食べ終わったころ、新しい沢庵が漬け上がるのである

今年もやっと新沢庵が口に入った
いままでずいぶん失敗を重ねてきたが、今回は大成功
絶品の味の沢庵になってくれた

植物性乳酸菌に感謝である

最近、乳酸菌が健康に良いと評判である
特に植物性乳酸菌は、胃液、腸液の壁を乗り越えて
大腸に殆ど生きて届くので大腸内環境を最高の状態にしてくれるだ

日本の漬物、糠づけ、味噌、醤油、酒(どぶろく)など
発酵食品は植物性乳酸菌の宝庫である

植物性乳酸菌を沢山食べていた日本人には大腸がんは無かったのである

植物性乳酸菌は免疫を高め、健康を増進してくれる働きが証明されている

沢庵大好きの娘は私の沢庵を食べると腸が嬉しいと、声は出さないが
活発に動いてくれると言う

若い女性に便秘が多く、1週間も出ない人もあると聞く

下剤より私の沢庵が効くとおもう

尾篭な話だが
いい香りのバナナのような見事な代物が出現することをお約束する

僅かうん秒の早業である

プロフィール

根子清

  • Author:根子清
  • 茨城県水戸市で左官業を営んでいます。

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード